ブログ

テニス全米オープンに大興奮。

テニス4大メジャータイトルのひとつ「USOP」が始まりました。日本期待の錦織選手は手首のけがで不出場と残念ですが、日本人選手は男女あわせて8選手がシングルスにエントリー。なんと6人が初戦を突破と大活躍です。メジャーでは1勝するのも大変なのにすごいことです。特に女子の大阪なおみ選手は昨年覇者のアンゲリクケルパー(ドイツ)を破る大金星。圧倒的にゲームを支配した内容にも2度驚きました。

20代のころは仕事そっちのけでテニスをたのしんでいました。ちょっぴり自慢なのはかつての全仏王者のヤニック・ノア選手(現在仏のデ杯監督)が来日した時、大阪にあるテニスクラブでほんのわずかですが指導してもらったことです。日本人選手がメジャーを獲得するなど夢のまた夢くらいと思っていましたが、錦織選手や大阪選手の登場さらに次々と若い選手が出てくる現状に、希望を感じています。

写真は縦横4mのハート型の透明ビニールバルーンを製作し、中に16インチのラバーバルーンを詰め込んだものです。越前市のSCエントランスホールに吊り下げました。福岡県の大型SCキャナルシティーで同じものを見ています。作ってみたくて真似ました。今年で6回目です。毎回バルーンの色を変えているため、新鮮さは変わりません。中に何個のバルーンが入っているかとのクイズを実施しています。入れる時は小さな注入口に最初に膨らます前のバルーンを入れ、それから中で空気を入れながら膨らますため、結構面倒です。大体200~240個なのですが、3時間はかかります。吊り下げは専門の業者にお任せします。

 

寅さん大好き

フーテンの寅さんの大ファンです。それでブログのタイトルをフーセンでなくフーテンにしました。48作すべて見ています。第1作を見たのは私が小学6年の修学旅行の時で東京の浅草劇場だったと思います。小学生でフーテンにあこがれるって少しおかしいですが、寅さんの底抜けに明るい性格と誠実さ、悲しいくせに無理して笑っている姿は子供心ながらカッコいいとおもいました。

寅さん映画とバルーンも少しかかわりがあります。映画の最後に必ずバルーンが出てきます。ウサギ型のミミちゃんバルーンです。寅さんは露天商なのでどこかのお祭りで得意の”タンカ売”でお客を笑わせています。その近くに風船屋さんが必ずいてウサギのバルーン浮いているのです。山田洋次監督のこだわりだと確信しています。山田監督とは新作映画のPRで福井に来た時、取材で一度お会いする機会がありました。もっともその時は今の仕事をする前なのでそんなことは聞きもしませんでしたが・・・。

写真はデコ・バルーンアーチです。幅6m×縦4mで車もくぐることができます。ビーチボール素材なので屋外でも3~6ヶ月持ちます。上手く手入れすれば1年以上OKです。フレームの太さは約50㎝で4本に分割できます。ベースは1箇所で300㎏ありますから風速30mでもびくともしません。県外からの問い合わせもあるのですが、重すぎてユニック車でしか運べないのとバルーンを運ぶ箱車の2台必要のため割高になるのがネックです。それでも注文はあって今秋は神戸にいって製作する予定です。

「バルーンおじさん」です。

パフォーマー名「バルーンおじさん」です。61歳です。血液型o型。魚座。    妻1人。子3人(全員成人)。孫1人。趣味は囲碁。若い時はテニス三昧。このおかげで足腰はまだもっています。本業は別途ありますが、1998年に軽いのりで始めたバルーンにはまり、現在に至ってます。バルーンショーは年間30~40ステージをこなしてます。最近は少し疲労を感じることが多くなりましたがチビッ子達の笑顔がエネルギーをくれています。

写真のような衣装でだいたいやっています。衣装は8種類くらい。子供たちのリクエストを聞きながら製作します。バルーンハットもかぶります。主に20種類くらいをローテーションにしています。バルーンアーチやスパークバルーンなども用意しますのでけっこう見栄えします。これはサンドームでのネッツトヨタのイベントです。東京の「バルーンおやじ」と交流のある女性似顔絵作家さんとのコラボでした。おやじさんの面白いお話をたくさん聞きました。ちなみにおやじさんは私より若いですが、経験や実績は段違いにすごい方です。心より尊敬しています。

ブロク始めます。

60歳過ぎのアナログおじさんが本日よりブログをはじめます。バルーンに興味のある方にお役に立てれば幸いです。   バルーン歴は約20年。軽いノリでやりはじめましたが、これほど続くとは・・・。だだただ感謝でいっぱいです。    作品は大小多義にわたります。写真点数は約3000点。これから未公開の作品や最新作品を紹介していきたいと思います。いろいろコメントなどもいただければうれしいです。なるべくご返事もしたいと思います。

写真は福井県私立幼稚園協会の記念イベントで佐藤弘道お兄さんが来場。バルーンをバックに素敵な体操やトークを繰り広げ、チビっ子たちは大興奮でした。私も会場内で終日バルーンパフォーマー役を務めました。