テニス全米オープンに大興奮。

テニス4大メジャータイトルのひとつ「USOP」が始まりました。日本期待の錦織選手は手首のけがで不出場と残念ですが、日本人選手は男女あわせて8選手がシングルスにエントリー。なんと6人が初戦を突破と大活躍です。メジャーでは1勝するのも大変なのにすごいことです。特に女子の大阪なおみ選手は昨年覇者のアンゲリクケルパー(ドイツ)を破る大金星。圧倒的にゲームを支配した内容にも2度驚きました。

20代のころは仕事そっちのけでテニスをたのしんでいました。ちょっぴり自慢なのはかつての全仏王者のヤニック・ノア選手(現在仏のデ杯監督)が来日した時、大阪にあるテニスクラブでほんのわずかですが指導してもらったことです。日本人選手がメジャーを獲得するなど夢のまた夢くらいと思っていましたが、錦織選手や大阪選手の登場さらに次々と若い選手が出てくる現状に、希望を感じています。

写真は縦横4mのハート型の透明ビニールバルーンを製作し、中に16インチのラバーバルーンを詰め込んだものです。越前市のSCエントランスホールに吊り下げました。福岡県の大型SCキャナルシティーで同じものを見ています。作ってみたくて真似ました。今年で6回目です。毎回バルーンの色を変えているため、新鮮さは変わりません。中に何個のバルーンが入っているかとのクイズを実施しています。入れる時は小さな注入口に最初に膨らます前のバルーンを入れ、それから中で空気を入れながら膨らますため、結構面倒です。大体200~240個なのですが、3時間はかかります。吊り下げは専門の業者にお任せします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です